So-net無料ブログ作成

雄山、大汝山、富士ノ折立、別山縦走 その3 [山・自然]

富士ノ折立から、下ります。
急な斜面は、下りの方が、怖い。

EOS_Kiss_X7






デポしていた荷物を回収して、出発です。
ガスの中に、うっすらと、小屋が見えます。写真にうっすらと赤い屋根の小屋が写っています。わかりますか?
内蔵助山荘です。
縦走路から少し、外れていますが、ご来光を見ることができ、また、後立山連峰の眺めが非常に良いという評判です。

EOS_Kiss_X7




内蔵助カールの雪渓です。

EOS_Kiss_X7


真砂岳への縦走路です。ここまで、一気に250m、下ります。

EOS_Kiss_X7




EOS_Kiss_X7





かなり下りてきました。

EOS_Kiss_X7




山荘をクローズアップします。

EOS_Kiss_X7




急な斜面を下りると、今度は、なだらかな縦走路が、続きます。

富士ノ折立を振り返ると、斜面は、急です。

EOS_Kiss_X7









3-1 トウヤクリンドウ

EOS_Kiss_X7




真砂岳への道です。

EOS_Kiss_X7




途中、小さなピークがあります。


赤い杭がありますが、何も表示されていません。
スマホの山と高原地図から見ると、真砂岳頂上(2861m) です。
通過する人の多くは、真砂岳に気づかずに通過です。

DSC-HX30V





ここで、暫く、休憩です。

途中で、あった人が、一昨日、剱御前小舎は、予約がないと泊めてくれないと張り紙があったと言う。
ピーク時の涸沢の小屋なら、ともかく、今の時期の平日の小屋で、そんなことがあるのかなと疑いもありましたが、3連休前の金曜日なので、混むかもしれない気もしてきました。
この日は、ガスの中を歩いてきました。このまま、別山を登って、剱御前小舎まで、行くのは、もったいない気がして、急遽、内蔵助山荘に泊まることにしました。天候、自分の体の調子に応じて、スケジュールを簡単に変更できるのが、一人山行のいいところです。

内蔵助山荘への途中で撮影。
右手前が、富士ノ折立、右奥が、針の木岳、左奥が、赤沢岳。

EOS_Kiss_X7





内蔵助山荘です。

DSC-HX30V



着いたら、着替えて、濡れたものを、干して、それから、ビールを飲みながら、後立山連峰の眺望を楽しみました。
食堂にいた若いアルバイトの女性に、前の山はと聞くと、この山と、右のとがった山は、わかりますと言って、教えてくれました。
更に、ここから見た、後立山連峰の名前入りの細長い写真を持ってきてくれました。

食堂の真ん前に大きく見える山は、赤沢岳です。

EOS_Kiss_X7





針の木岳です。

EOS_Kiss_X7




左側に、鹿島槍があるはずなんですが、雲の中です。

EOS_Kiss_X7






5時から夕食です。
ここは、やはり、縦走路から、外れていることもあり、この日は、空いていました。
1号室の2段の内の1段目に6人分の布団がありましたが、1人で、独占、2段目は、2人でした。

食事が終わると、この日は、すぐ蒲団をしいて横になりましたが、6時40分ごろ、誰かが、夕焼けが、きれいとか、言うのが聞こえましたので、カメラをもって、見に行きました。

EOS_Kiss_X7




そして、空には、半分のお月様が、輝いていました。
もちろん撮影しましたが、中央重点測光のまま、自動露出で撮影しましたので、真っ白なお月様になってしまいましたので、省略します。

明日の天気は、期待できそうです。

次回に続きます。

テリーの部屋 Part 1 はこちらです。http://terry658.blog.so-net.ne.jp/



nice!(50)  コメント(18)  トラックバック(0) 

nice! 50

コメント 18

g_g

素晴らしい景観で何度見ても飽きない山容ですね。
by g_g (2013-09-21 20:39) 

くまら

凄い稜線ですね~
こういう所歩いてみたいけど
①.そこまで行ける元気がない
②.おっちょこちょいなので、滑落しそう・・・だから行けません^^;
by くまら (2013-09-21 21:35) 

ころくま

非現実的な感じすらする景色ですね~。
by ころくま (2013-09-21 22:27) 

Baldhead1010

高い山の空気は気持ちいいですね^^

単独行動は気楽ですね。
by Baldhead1010 (2013-09-22 05:41) 

Silvermac

雪溪、涼しげですね。
by Silvermac (2013-09-22 06:02) 

たいへー

山の夜は早い・・・当たり前か。^^
by たいへー (2013-09-22 07:43) 

takenoko

やっぱり山はいいですね。これで天候がよかったら言うことなしですね。
by takenoko (2013-09-22 07:57) 

yakko

お早うございます。
雪渓が残っているんですね〜(@_@;) 
でもまた山は間もなく雪が降ることでしょう !
by yakko (2013-09-22 09:06) 

おど

立山連峰は歩いてみたいところです。 雪渓が沢山残っていますが、ほとんどは万年雪なのでしょうね。 先日は別山の手前まで行きましたが、時間切れで向かうことは出来なくて残念なことをしました。 来年は、是非訪れたいところですねぇ。(薬師岳からの縦走にしたいのですが・・・)
by おど (2013-09-22 09:35) 

nousagi

こちらには行ってないので
ぜひ行きたいですね。
こんな稜線を歩いていると
俗世間を忘れますね。(^^)
by nousagi (2013-09-22 10:41) 

テリー

g_gさん
ナイス&コメントありがとうございます。

くまらさん
くまらさんは、ほかに、やりたいことが沢山あるのでしょう。

ころくまさん
ナイス&コメントありがとうございます。

Baldhead1010 さん
ナイス&コメントありがとうございます。

Silvermacさん
雪渓が、あると、写真にも、アクセントがついて、いいですね。

たいへーさん
ナイス&コメントありがとうございます。

takenokoさん
ナイス&コメントありがとうございます。

yakkoさん
ここは、年中消えることのない万年雪が多いですね。確か、この辺りに氷河がまだ、残っているという報道もあったと思います。
ネットで調べたら、剱岳の小窓雪渓、三ノ窓雪渓は、流動する氷河という調査報告もありました。

おどさん
おどさんのブログを見て、気が付きましたが、9月14日、雷鳥沢キャンプ場と室堂駅の間で、すれ違いのニアミスがありましたね。


by テリー (2013-09-22 10:53) 

akanenosora

凄い絶景に目を瞠るばかりです。
トウヤクリンドウ咲く前の姿でしょうか。
by akanenosora (2013-09-22 16:49) 

テリー

nousagiさん
私も、今回初めて、登りましたが、大体、感じがつかめましたので、もう一度行って見たいですね。

akanenosoraさん
トウヤクリンドウ、咲く前だと、思います。
まだ、フレッシュな感じがしました。

by テリー (2013-09-22 19:04) 

海を渡る

こんばんは。
これだから山登りは止められないんでしょうね^^。
by 海を渡る (2013-09-22 21:03) 

テリー

海を渡る さん
そうなんですね。楽しみながら、山登りを続けてます。
by テリー (2013-09-23 11:16) 

侘び助

遠くから見る山は美しい姿でも、高所になると荒々しくて
恐れを感じます。
by 侘び助 (2013-09-23 19:44) 

Jetstream777

すいている山小屋は快適ですね。 !(^^)!
しかも天上の眺めを楽しまれて良かったと思います。
by Jetstream777 (2013-09-23 21:59) 

テリー

侘び助さん
ナイス&コメントありがとうございます。

Jetstream777さん
内蔵助山荘は、空いていますし、また、眺めもいいので、泊まるのに、お勧めですね。

by テリー (2013-10-10 14:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0