So-net無料ブログ作成

α7RⅣ試し撮り@千葉市花の美術館(9月7日撮影) [新機材]

一番ホットな話題です。

7月17日に、6100万画素のα7RⅣが、発表され、ソニーの技術力の高さを、示しました。
この発表で、キャノン、ニコンは、ソニーに、追いつくのは、まだ、数年かかるとはっきり判りました。

更に、動画でも、瞳オートフォーカスが出来るというのは、びっくりしました。

旅行やイベントの撮影で、写真と動画を同時に撮影することが多いので、デジイチで、ちゃんと動画が撮れて、しかも、軽いカメラと言うこともあり、思い切って、ソニーのα7RⅣを買いました。ソニーのミラーレスは、何年か前に、NEX-6 を買いました。軽量でしたので、山用と言うことで、買いました。買う前に、何回か店で写真撮影をして、購入しました。山に何回か持って行きました。軽くて、18-55mm のレンズをつけていると、ベストのポケットにも、収まり、便利でしたが、一つは、EVF が、少し、暗くて、きれいでなかったこと、Canon のAPS/C のデジイチに比べると、写真の仕上がりが、今一つと言うことで、山用も、EOS Kiss X-4, X-7を使うようになり、NEX-6 は、お蔵入りしていました。

9月7日に発売開始ですが、ソニーストアに、注文しましたので、届いたのは、9月6日でした。

レンズは、とりあえず、標準ズームでも、人気が高いFE24-105F4 G OSS を一緒に、購入しました。

なお、今回、ソニー株主特典の15% 引きというのが、あったというのも、決断の助けになりました。

以下の写真は、元の画像は、9504X6336 、jpg , 13 ~16 Mega Bite のファイルを、1920X1280, 200~300 k Bite にリサイズ、圧縮しています。
撮影は、WB=オート、絞り優先、仕上げは、vivid にしています。
AF は、ほとんどが、Af ですが、後ろが、明るく、レンズがFE 24-105 F4 OSS の時は、AF が、聞きにくいので、マニュアルAFにしています。
AF 区域は、適宜変更した。

(1) 花の美術館の前庭のコスモス
レンズは、FE24-105F4 G OS, カメラモデルILCE-7RM4,ISO=100,f=5.6,シャッター速度=1/125、露出補正なし、焦点距離=68mm
1-01-DSC00025mh



(2)
レンズは、FE24-105F4 G OS, カメラモデルILCE-7RM4,ISO=100,f=4.5,シャッター速度=1/400、露出補正=+0.3、焦点距離=105mm
1-02-DSC00034mh



(3)
レンズは、FE24-105F4 G OS, カメラモデルILCE-7RM4,ISO=100,f=4.5,シャッター速度=1/125、露出補正=+0.3、焦点距離=105mm
1-03-DSC00046mh

続きを読む


nice!(57)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー