SSブログ
前の10件 | -

谷津干潟で、EOS R7+RF100-500F4.5-7.1+テレコンX2での試し撮り その3(2022年7月31日撮影) [新機材]

EOS R7 に関心のある方から、テレコンX2をつけたら、どう撮れるのか興味のあるようなコメントがあり、この写真を先に入れます。3回目です。

EOS R7 は、Canon が、初めて出したAPS/C サイズのCMOS をもつカメラです。EOS R5, R, RP のフルサイズに比べて、レンズは、1.6 倍の焦点距離となります。
RF100-500F4.5-7.1 L IS USM は、テレコンを付けられますが、ズームが、300-500mm に制限されます。

2倍のテレコンをつけると、600-1000mm のズームレンズとなり、APS/C ということで、1.6 倍、960-1600mm のズームレンズとなります。

それを念頭に、写真をご覧ください。

(1)カワセミのお子様
3-01-683A0587mh



(2)20コマ/秒の撮影ですが、カワセミにほとんど動きがない。
3-02-683A0598mh



(3)カワセミが飛び出しました。RAW+JPG で、撮影していましたので、プリキャプチャーでの撮影ではないです。
手前の草が邪魔ですが、カワセミの飛翔は、綺麗に撮影できました。
3-03-683A0619mh

続きを読む


nice!(17)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

EOS R7で試し撮りの4日後の谷津干潟 その6(2022年7月22日撮影) [谷津干潟]

今回は、イソシギ、カルガモ、コサギ、アオスジアゲハの写真です。

カメラは、α1+FE200-600F5.6-6.3 G +テレコンX

(1)イソシギが2羽います。
6-01-DSC07796mh



(2)イソシギのズームアップです。そひてトリムで、さらに拡大しています。
6-02-DSC07814gtrmh



(3)トリムする前の写真です。α1 の画像は、トリムで拡大しても、鮮明です。
6-03-DSC07814mh

続きを読む


nice!(40)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

EOS R7で試し撮りの4日後の谷津干潟 その5(2022年7月22日撮影) [谷津干潟]

今回は、コサギ、カイツブリの写真です。

カメラは、α1+FE200-600F5.6-6.3 G +テレコンX2 です。

(1)
5-01-DSC07823mh



(2)右のコサギが、親のようです。左のコサギは、見ているだけです。
5-02-DSC07841mh



(3)右のコサギ(親)が、左のコサギ(子)に餌をあげています。
5-03-DSC07844mh

続きを読む


nice!(38)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

谷津干潟で、EOS R7+RF100-500F4.5-7.1+テレコンX2での試し撮り その2(2022年7月31日撮影) [新機材]

EOS R7 に関心のある方から、テレコンX2をつけたら、どう撮れるのか興味のあるようなコメントがあり、この写真を先に入れます。2回目です。

EOS R7 は、Canon が、初めて出したAPS/C サイズのCMOS をもつカメラです。EOS R5, R, RP のフルサイズに比べて、レンズは、1.6 倍の焦点距離となります。
RF100-500F4.5-7.1 L IS USM は、テレコンを付けられますが、ズームが、300-500mm に制限されます。

2倍のテレコンをつけると、600-1000mm のズームレンズとなり、APS/C ということで、1.6 倍、960-1600mm のズームレンズとなります。

それを念頭に、写真をご覧ください。

今回は、カワセミ中心です。

(1)魚を取ってきました。ノートリで、jpg 撮って出しです。
2-01-683A0540



(2)カワセミが、首を回しています。くちばしで、力を入れて、小魚を静かにさせようとしているのかな。
2-02-683A0549mh



(3)
2-03-683A0550mh

続きを読む


nice!(45)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

谷津干潟で、EOS R7+RF100-500F4.5-7.1+テレコンX2での試し撮り その1(2022年7月31日撮影) [新機材]

EOS R7 に関心のある方から、テレコンX2をつけたら、どう撮れるのか興味のあるようなコメントがあり、この写真を先に入れます。

EOS R7 は、Canon が、初めて出したAPS/C サイズのCMOS をもつカメラです。EOS R5, R, RP のフルサイズに比べて、レンズは、1.6 倍の焦点距離となります。
RF100-500F4.5-7.1 L IS USM は、テレコンを付けられますが、ズームが、300-500mm に制限されます。

2倍のテレコンをつけると、600-1000mm のズームレンズとなり、APS/C ということで、1.6 倍、960-1600mm のズームレンズとなります。

それを念頭に、写真をご覧ください。

(1) カイツブリが2羽、淡水池に出てきていました。
1-01-683A0458gtrmh



(2)もう1羽のカイツブリ。
1-02-683A0465gtrmh



(3)
1-03-683A0466gtrmh

続きを読む


nice!(51)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

EOS R7で試し撮りの4日後の谷津干潟 その3(2022年7月22日撮影) [谷津干潟]

今回は、カワウの飛翔シーンです。

EOS R7 +RF100-500F4.5-7.1 L IS USM で、撮影した時は、追従モードになっていたこと、シャッター速度が、遅かったことから、もう一回しっかり、撮りなおさないといけませんが、今回は、α1+FE200-600F5.6-6.3 G+テレコンX2 で、撮影した写真です。

(1)キバナコスモス
3-01-DSC07188mh



(2)貝殻島に集まるカワウとアオサギ
3-02-DSC07190mh



(3)
3-03-DSC07194mh

続きを読む


nice!(50)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

EOS R7 試し撮り その7@谷津干潟(2022年7月18日撮影) [新機材]

EOS R7 の試し撮りその7です。

価格コムのEOS R7 を見ていたら、プリキャプチャー、RAW バーストの写真が出ていました。現像は、DPP4 を使っている写真もありました。

私がやった時は、うまく行かなかったのですが、使い方が、良くなかったのかもしれないと思い改めて、やってみました。
今回は、DPP4 で、うまく現像できましたので、トリムして拡大をしてみたり、WB を変えて、雰囲気を変えてみたりしてみました。

(1)これは、フォーカスが目に入っています。DPP4 どこに、フォーカスがいっているのか、わかりますから、便利です。少し、トリムして拡大しています。
1-01-683A0178gtr



(2)WB をオート雰囲気優先から、白色蛍光灯に換えてみました。さらに微調整をしています。シラサギの白が強調されます。
1-02-683A0293g2trmh



(3)WBを雰囲気重視のオートWB から、太陽光に変えて、微調整をしています。そして少しトリムして拡大をしています。
1-03-683A0306gtrmh

続きを読む


nice!(45)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

千葉公園 その11 (2022年6月29日撮影) [花]

千葉公園の大賀ハスの写真です。

谷津干潟の写真が続くと、飽きが来るでしょうからその時は、お蔵入りしている大賀ハスの写真を載せます。

(1)
11-01-1I2A5058mh



(2)
11-02-1I2A5059mh



(3)
11-03-1I2A5061mh

続きを読む


nice!(56)  コメント(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

EOS R7 試し撮り その6@谷津干潟(2022年7月18日撮影) [新機材]

EOS R7 の試し撮りその6です。

レンズは、RF100-500F4.5-7.1L IS USM を使っています。

今回は、カワウの飛翔です。

干潟の貝殻島へ、カワウが飛んできて降りるシーンを連射で撮影しています。

(1)
6-01-683A0325mh



(2)
6-02-683A0329mh



(3)
6-03-683A0333mh

続きを読む


nice!(47)  コメント(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -