SSブログ

久しぶりの谷津干潟 その2(2021年9月19日撮影) [谷津干潟]

暫く谷津干潟に、行っていませんでしたが、台風一過の良いお天気でしたので、出かけて来ました。谷津干潟ブログでは、カルガモの雛がかえったという情報とコガモがやってきたという情報などが、ありました。
今回は、コガモ中心です。コガモが渡ってきたことで、ノリスなどの猛禽もやって来たようです。


.
(1)あんよは、上手です。
2-01-DSC05648mh.jpg


.
(2)コガモが、着水しようとしています。
因みに、シャッター速度は、1/250 です。もっと、速くしないと、羽根の動きは、とまりませんね。ぶれているから、動感があるとも言えます。
2-02-DSC05653mh.jpg


.
(3)
2-03-DSC05655mh.jpg

.
(4)
2-04-DSC05656mh.jpg


.
(5)
2-05-DSC05657gtrmh.jpg


.
(6)
2-06-DSC05658gtrmh.jpg


. .
(7)
2-07-DSC05659mh.jpg


.
(8)この角度、かわいいですね。
2-08-DSC05667gtrmh.jpg





.
中秋の名月も撮影しましたので、載せておきます。

DSC06115gtrml.jpg


.
カメラは、α1+FE200-600F5.6-6.3G+テレコンX1.4 です。
.
宇多田ヒカル - 誰かの願いが叶うころ 2015/02/06




.
今日は、朝一番で、ゆう貯銀行に行って、罰金9000円を払い込む予定でしたが、Apple Watch のニュースに、ニューヨークダウが、一時1000ドル近くの下げというのが、出て来ましたの、まずは、朝5時45分から始まる『モーサテ』の録画を見ました。
中国の不動産業界の2番目の中国恒大集団が、銀行から借り入れたお金の利息の支払いが、できないために、先週辺りから、中国での市場で、株価が下がっていました。元々は、コロナ禍で、政府が、金利を下げて、借りやすくしたために、この不動産会社は、銀行から金を借りて、マンションをどんどん作って売っていたのですが、それを、投資の対象に、買っている人達が沢山いて、マンションが、大幅に値上がりしたために、中国政府が、総量規制を打ち出して、この不動産会社の資金繰りが一気に、悪くなり、借入金の利息も払えない状態になってきたためですが、それが、アメリカの株式に、飛び火してしまったものです。
日本も、菅さんが、総裁選に出ないということで、新しい人が、総裁になり、衆議院選挙で、自民党が、負けないという判断で、株式が、上がり、3万円を越えていました。
株の値上がりの多くは、海外ヘッジ・ファンドからのお金の流入でしたので、アメリカ株が、調子が悪くなると、日本株も、おかしくなってしまうと言う図式です。

とは言え、中国政府が、このまま、恒大集団を潰すとも、思えないので、株の下げは、一時的なんでしょうね。
ただ、中国政府は、この恒大集団が、潰れても、損をするのは、富裕層だけなので、直接支援することはないといことを言っており、潰れる可能性も、あり、まだ、余談を許さないという所。

とりあえず、日本株は、半分程度、利益確定処理をしていて、下げたときは、買いに出る予定。アメリカ株は、先週、S&P500 が、少し下げた局面で、買いに出て、成立しているために、大きく下げても、買いに出るお金がないと言うところ。
アメリカ株は、やはり、判らないところが多い。

昼過ぎ、散歩を兼ねて、ゆう貯銀行に行って、違反金9000円を払い込み、そして、明日、孫娘の世話に行きますので、2万3千円を卸し、一旦、マンションに、戻り、車で、ショッピンセンターに買い物に行きました。歩いた歩数は、トータル、ほぼ4400歩、目的達成です。

気になったネットニュースは、

橋下徹氏、感染者激減で専門家に怒り「自分たちの言っていることがおかしかったと素直に言えって」
9/21(火) 14:43配信

21日放送のTBS系情報番組「ゴゴスマ」(月~金曜・午後1時55分)では、東京都で20日の新規感染者数が302人となるなど感染者数が激減する中での新型コロナウイルス対策の現状を特集した。

コメンテーターで出演の元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏は愛知医大・三鴨廣繁教授の分析を聞いた上で「専門家の皆さんも反省してもらわないといけないと思うんです」とまず話すと、「僕ら政治家がこういう事態になって今みたいな説明をしたら、説明不足だ、説明責任を果たしていないと、メディアからものすごい批判が来ますよ」と続けた。
人流というのもものすごい重要な要素で、感染者数を抑えるには人流を抑えるっていうのも去年の段階だったら、そういう説にも合理性はあったんでしょう」と続けると、「今、三鴨さんが言われたように今、どんどん状況が変わってきているのに、ウイルス自体で感染者数の増減が終わるんだとかいろいろなことを言われているんですが、一言で言うと、最初に間違ったんだったら間違ったと。自分たちの言っていることがおかしかったんだったら、おかしかったと素直に言えって言うんですよ」とバッサリ。

「二木(芳人)さんは人流のことをものすごく言っていた。議論させてもらいたいと思う」と実名をあげていた。

今の新規コロナ感染者数の激減振りは、人流とワクチンの接種率の向上だけでは、説明がつかない感じですね。

一日前にも橋下氏は、8割おじさんを批判しています。

橋下徹氏、感染者数激減で「8割おじさん」西浦博教授をバッサリ「はっきり言って、もう信用できません」
2021年9月20日 14時43分

予測が外れたんだったら、そこはね。なぜ外れたかということを言ってくれないと、僕はもう西浦さんの言うことをはっきり言って信用できません」とバッサリ。

「だって、8月下旬くらいには東京で(感染者数)1万、2万くらいにはなると(言っていた)。僕も数学弱いんですけど、一生懸命計算したら、彼らの計算は机上の論だなと感じるんですよ。僕らメディア側に一つ欠けていたのは、確率上の信用度。この人たちの予測が当たる確率というのをどんな程度なのかというのを、僕らは100%正しいと思って、あぶない、あぶないって言っていたけど、もうそういう感覚はやめないといけない」と話した。

そう言えば、立憲民主党は、コロナ対策のために、さらなる人流の抑制なんて、言っていましたね。

.

テリーの部屋 Part 1 はこちらです。https://terry658.blog.ss-blog.jp/

nice!(56)  コメント(7) 

nice! 56

コメント 7

mm

おはようございます^^
コガモのグリーン(二枚目お写真)って綺麗ですよね。あのお色大好きなんです^^
コロナのことはわからないことだらけ・・・なぜ急に感染者が減り始めたのでしょうね。単に検査をしていないだけとか? そんなことだったら大変だけれど。
by mm (2021-09-22 06:40) 

YAP

初期の頃であれば、必要以上に構えて準備をして、結果的に大したことなければ「良かったね」でいいと思いますが、1年半以上たっても同じようなことしか言わない専門家はいらないですね。
医療体制の整備なんて、すぐにはできないことなので最初から全力で築こうとする必要があったのに、そういう大切なことは理由をつけて先送りで、その結果欧米よりも少ない数で医療崩壊起こして、って、ほんとに問題ありだと思います。
by YAP (2021-09-22 08:40) 

okko

昨夜の満月は見られませんでした。残念。

亡夫は株に関しては、凄く敏感、熱心でしたから、いま生きていたら大変なことになっていたでしょう。
まだまだ、コロナには油断できませんね。
by okko (2021-09-22 10:34) 

Take-Zee

こんにちは!
わけのわからない新型コロナに対してわけのわからなぬ
人たちがワイワイガヤガヤ・・・一般人は本当にどうしたら
いいのかな?

by Take-Zee (2021-09-22 15:17) 

achami

1枚目の、鴨のあんよが可愛いですね^^
by achami (2021-09-22 15:19) 

OJJ

コロナの非常事態宣言は10日前に大幅延長、感染者数は人流が増えても原因不明で大幅に減って、ワクチンは3回目を進められこれで解除なら怖いです。
テリーさんは国内分利確済みとのこと、流石ですね~外国の株式はさっぱり分からんけど外人買いが7割なら分からんでは済まんですね・・大変!
by OJJ (2021-09-22 17:02) 

テリー

mm さん
コガモの羽根のグリーンの色きれいですね。

コロナが、何故、減って来たのか。精確なところは、わかりませんね。

YAPさん
欧米は、公立の病院が80-90 % 占め、日本は、逆に、小さな、民間の病院が多いというところで、公立が、多い欧米では、首相の命令一つで、コロナ専用病院に、変えられる国と、民間の小さな病院が、多い我が国と比較して、1年で、欧米並みにしろというのは、難しい話です。

okkoさん
満月を見ることが出来ずに、残念でした。

Take-Zeeさん
ワイドショーは、素人のコメンテーターの話は、聴くだけ時間の無駄です。

achami さん
はい、(1)のコガモ、かわいいですね。

OJJ さん
医療体勢が、逼迫していないなら、解除でしょうね。
中国発の株の不安定化は、恐らく一時的と思います。ただ、下がってもいいように、準備はしておかないといけません。
by テリー (2021-09-22 23:33)